一般的な利息ってどのくらい?

カードローンの金利は高めになる傾向

カードローンは突発的な融資に対応しているというメリットがある半面で、長期の借入には向いていないという側面があります。最初から高額な融資を受けることは難しく、新規で借入をした場合には正社員の人でも限度額が50万円以下になる傾向です。限度額50万円以下の場合には、銀行カードローンの場合には金利が14%~15%程度、消費者金融の場合には金利が18%となることが多いでしょう。
金利は高いですが、少額の借入を行って短期間で返済をしてしまえばそれほどのデメリットにはなりません。大きなお金を長期で借りる場合には、しっかりとシミュレーションをして余裕をもって返済ができることを確認してから借入を行いましょう。延滞をせずに長く利用をしていると信用が上がっていき、良い条件(限度額、金利など)で借りられるようになっていく傾向です。

シミュレーションを利用して利息を計算する

インターネットの検索サイトで検索をすると無料のローンの計算ツール、シミュレーションサイトなどがたくさん見つかります。カードローンの返済方法はリボ払いですので、リボ払いの計算ツールを利用しましょう。計算ツールを利用してさまざまなパターンについてシミュレーションをしてみることがおすすめです。例えば、50万円を借りておよそ2年間で返済をしてしまいたい場合なら、「リボ払いで毎月いくら返済をすれば2年間で完済できるのか、その場合にかかる利息」「毎月1万円ずつ返済をしていったら完済まで何ヶ月かかり、利息はいくらになるのか」といったことなどを調べてみましょう。ボーナスを使ってまとめて返済しようとしている人は、ボーナスの金額が予定していたよりも少なかった場合のリスクについても考えておきましょう。

© Copyright Card Loan Interest. All Rights Reserved.